性器ヘルペス/男女別の症状と治療

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 性器ヘルペス男女別の症状と治療

男女別の症状と治療/性器ヘルペス

性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の男性の症状

性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の症状は、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍(皮膚のただれ)ができます。初めてかかった時には強い痛みや発熱を伴うことが多いのに対し、再発の場合は小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけの、軽い症状ですむことが多いようです。男性の場合、ウィルスの2日〜約1週間の潜伏期をへて、陰茎包皮の周囲小さな水泡が複数でてきます。これは初期では軽いかゆみや痛みですが、どんどん強い痛みに変わります。ヘルペスは大人も転がり痛むと言われる程のもので、歩くのが困難になったり排尿できなくなったりします。また、リンパが腫れたり尿道炎で分泌液が出たりもします。


スポンサードリンク

性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の女性の症状

女性の場合、感染後数日で、外陰部に男性と同じような水泡がでます。症状は男性と同じくリンパの腫れや排尿痛が現れます。まれに発熱や頭痛も伴う人がいます。潜伏期間は2日〜約1週間です。初感染の急性型は痛みが強く、再発型は比較的症状は軽いようです。性器ヘルペス(陰部ヘルペス)は、外部から入ったウイルスによる初感染と、神経内に潜伏しているウイルスの再活性化による再発の二つの場合があります。女性の初感染による急性型の場合、炎症症状が激しく、激痛を訴えることもあります。女性の場合、ヘルペスウイルスの冒す範囲は、外陰部だけでなく、膀胱や子宮などにも及びます。時に、このウイルスは髄膜にまで達して髄膜炎を起こすことも知られています。こうなると、とても強い頭痛がし、尿が出なくなります。また、産道感染等による新生児のヘルペスウイルス感染症は、ヘルペスウイルスが細胞から細胞へと直接感染していくため、母親からの移行抗体による発症の予防が困難であり、極めて重篤な病態を示し、しばしば新生児にとって致命的となることがあります。

性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の治療

性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の治療についてお話しましょう。性器ヘルペス(陰部ヘルペス)は再発頻度が高く、何度も水ぶくれやタダレに悩まされることがありますので、性器ヘルペス(陰部ヘルペス)と思ったら恥を忍んで、病院にいくことをお勧めします。検査は比較的簡単で、水疱の内容液調べて検査しますが、ほとんどが視診による診断です。ウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬を、急性型には5〜10日間、再発型には5日程服用して治療します。症状がひどい場合は入院し注射や点滴などの治療が必要になります。治療薬には、アシクロビルやビダラビンがあります。抗ウィルス剤を1週間程度飲み、水泡や潰瘍には、軟膏をつけて治します。また、性器ヘルペス(陰部ヘルペス)の再発予防には、アシクロビルの少量連続投与が検討されています。急性型で髄膜刺激症状が強いもの、疼痛の激しいもの、新生児の全身性ヘルペスウイルス感染症には、静注用のアシクロビルが効果的です。対症療法として、局所の痛みに消炎鎮痛薬の投与、局所麻酔剤の塗布が行われることもあります。ただし、現在の医療ではヘルペスウィルスの根絶はできないため、症状が治まっても今後再発しないように予防していくことが大切です。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .