角膜ヘルペス/原因、治療、予防について

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 角膜ヘルペス原因、治療、予防について

原因、治療、予防について/角膜ヘルペス

角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)の原因

角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)を引き起こす単純ヘルペスウィルスは、外から直接感染することもありますが、ずっと前にすでに感染しているケースがほとんどです。知らない間に感染していることが多く、たとえば70〜80代の人では、多くの人が体のどこかの神経節にこのウイルスを持っています。眼の奥にあり、角膜の知覚を司っている三叉(さんさ)神経節にも、このウイルスが潜伏感染していることがあり、このいわば眠った状態のウイルスがストレスや風邪などの体調不良、熱発、気温の低下などが引き金となって目覚め、角膜の表面に出てくることによって、角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)は発症するのです。


スポンサードリンク

上皮型角膜ヘルペスの治療

角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)の治療は「薬物療法」が中心ですが、上皮型と実質型では使う薬が異なります。上皮型の場合は、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるために、「IDU」、または「アシクロビル」という、抗ウイルス薬の点眼薬を使います。また細菌感染が起きないように抗菌薬の点眼も使います。ヘルペスは薬によって症状を抑えることはできますが、根絶することはできません。薬による治療は医師の処方に従って、きちんと治療を続けることが大切です。

実質型角膜ヘルペスの治療

実質型の場合は、免疫反応を抑えるために、ステロイド薬の点眼薬を使います。同時に、ウイルスの増殖も抑える必要があるので、抗ウイルス薬の点眼薬を併用します。ステロイド薬の使用は、正しく行わないと、逆に角膜病変が悪化することがあります。ただし、実質型の場合は、角膜に混濁が残り、視力が回復しないケースがあります。視力低下が著しい場合は、角膜移植が必要になります。角膜ヘルペスの再発を完全に防ぐ方法はありませんが、発症の誘因と思われる体調不良などを起こさないように、規則正しい生活を送ることが予防につながります。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .