角膜ヘルペス/上皮型、実質型の特徴

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 角膜ヘルペス上皮型、実質型の特徴

上皮型、実質型の特徴/角膜ヘルペス

角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)とは?

角膜ヘルペスは、ヘルペスウイルスの一種が目に感染するのが原因で起こる病気で、ヘルペス性角膜炎とも呼ばれます。角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)になると、目が痛む・涙が出る・黒目のまわりが充血するなどの症状が出ます。ウイルスが角膜に住み着くと、角膜炎になったり、角膜が白く濁ったりします。角膜炎の場合、角膜の上皮に木の枝のような形で潰瘍や欠損が起きるのが特徴です。角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)を起こす単純ヘルペスウィルスは、潜伏感染と言って頭の中の三叉神経という神経の根元に潜んでおり、体の抵抗力が衰えた時などに、神経を伝って繰り返し角膜に病気をおこすのが特徴です。そのため、一度良くなった場合も油断せず体調を整えるとともに、 万一再発した場合は早めに眼科に受診して、その都度きちんと治療することが重要です。


スポンサードリンク

上皮型角膜ヘルペスの特徴

角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)には、大きく分けて二つのタイプがあります。角膜は、「上皮、実質、内皮」の3層を主体とする構造になっています。その最も外側にある上皮層に、ウイルスが増殖して起こるタイプが上皮型です。また2層目の実質にウィルスが増殖して起こるタイプを実質型と言います。では上皮型から見ていきましょう。ウイルスが増えると炎症が起きて、潰瘍ができます。この潰瘍は、樹木の枝のように見えることから、「樹枝状角膜炎」とも呼ばれています。上皮型角膜ヘルペスの代表的な所見は、樹枝状角膜炎と呼ばれる枝分かれのある特徴的な潰瘍で、この潰瘍の部位には、ヘルペスウイルスがいます。ウイルスが角膜上皮細胞の中で増え、隣の細胞へ感染していった結果このようなかたちになります。角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎)は両目に起こることはまれで、どちらかの目に再発をくり返します。今のところ再発を予防することはできませんが、かぜをひいたり、熱を出したり、ストレスなどで再発しやすいようです。

実質型角膜ヘルペスの特徴

上皮型角膜ヘルペスのほかに、角膜の実質が濁ってくる実質型角膜ヘルペスがあります。上皮型(樹枝状角膜炎)に比べ、実質型角膜ヘルペスは視力が大きく低下することがあります。抗ウイルス薬と消炎薬を用いて治療しますが、視力の改善には数カ月かかります。なかには、角膜に瘢痕[はんこん]が残り視力が落ちたままになることもあります。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .