口唇ヘルペス/症状と対策

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 口唇ヘルペス症状と対策

症状と対策/口唇ヘルペス

口唇ヘルペスの症状と進行

口唇ヘルペス”という名前は知らなくても、風邪で熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりするたびに、くちびるの周りに水ぶくれができると悩んでいる人は多いのではないでしょうか。この症状が、口唇ヘルペスです。口唇ヘルペスには前駆期の症状があります。唇の周りがピリピリ、チクチク、ムズムズし、皮膚に熱感、違和感、かゆみを感じます。再発を繰り返す人はこの時点で自分でわかるようです。初期の症状は、自覚症状から半日程で赤く腫れ始めます。このような早い時期に治療を始めることが大切です。その後、2〜3日後で赤く腫れた上に水疱ができます。水疱は初感染では大きく、再発を繰り返すと小さくなっていきます。口唇ヘルペスは痛みが激しい人もいますし、痛みをあまり伴わない人もいます。口唇ヘルペスは、体調によって症状の程度は異なりますが、水泡ができてから1〜2週間ほどで、かさぶたができて治っていきます。


スポンサードリンク

口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスの治療としては、水疱が出来る前に治療するのが一番良い時期と考えられます。確かに放っておいても2週間くらいで一旦症状は治まります。しかし、発症すると単純ヘルペスウイルスは増えているので、再発の頻度が高くなることもあります。そのようなことから、初期症状の時に病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。ヘルペスウィルスは薬を使っても根絶することはできませんが、症状を和らげたり早く回復させたりすることはできます。単純ヘルペスウイルスを増やさないようにしていくこと大切です。

口唇ヘルペスの対処法

ヘルペスは再発率の高い病気です。再発を予防するためには、風邪などで体調を崩さない、ストレスを貯め込まない、紫外線に注意するなどの、普段からの規則正しい生活が大切です。しかし実際に再発してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?口唇ヘルペスの対処法として考えられることを紹介しますので、参考にして下さい。
1、患部に触れた後や、外用薬を塗った後にはしっかり手を洗う。
2、患部に触れた指で目を触らない。目に感染して発症する角膜ヘルペスは、失明する危険性があり要注意です。
3、水ぶくれは破らないこと。
4、お風呂には入らずシャワーにする。
5、処方された塗り薬以外を塗らない。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .