口唇ヘルペス/特徴を知っておきましょう

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 口唇ヘルペス特徴を知っておきましょう

特徴を知っておきましょう/口唇ヘルペス

日本の口唇ヘルペスの現状

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによる症状の名前の一つです。口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因で唇や口の周囲に小さな水ぶくれ(水泡)ができるのが特徴です。日本人では10人に1人が口唇ヘルペスにかかったことがあると推計されています。しかし、症状は出ていなくても原因である単純ヘルペスウイルスに感染しているという人はもっと多く、20代〜30代で感染している人は約半数、年齢が高くなるにつれその感染率も高まり、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。単純ヘルペスウイルスに感染して免疫ができると、発症しても軽症ですみます。逆に、大人になってから初感染すると、症状が重症化することがあります。しかし最近では、衛生状態の改善や核家族化の影響により、特に若い人の感染率が減り、免疫を持っていない人も増えてきています。


スポンサードリンク

口唇ヘルペスの特徴

初めて単純ヘルペスウイルスに感染しても、小児の場合、明らかな症状が出るケースは多くありませんが、思春期以降では症状が出ます。ヘルペスウイルスは、一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れ潜んでしまい、現在の医療では根絶はできません。これがヘルペスウイルスの特徴である「潜伏感染」です。ウイルスが神経細胞の中でじっと潜伏している間は、ヘルペスの症状は出てきません。ところが、体の抵抗力が衰えているときなどに、急に出てきて暴れ出すのです。

口唇ヘルペスのウィルスの感染

唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気、口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。このウイルスの特徴は、最初に感染した後免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返すということです。ウイルスというのは、1ミリの1万分の1くらいの大きさで、核酸(DNAまたはRNA)とタンパク質だけでできています。この最も小さな生き物は、自分では子孫をつくることができません。そこで、他の生き物の細胞の中に入り込んで、その細胞の材料を借りながら自分の子孫(コピー)をつくり出します。これが感染です。誕生した多くのコピーウイルスたちは、やがて細胞を出て、次々と新しい細胞に感染していくのです。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .