単純ヘルペス/感染や症状について

ヘルペスの全て-症状など-トップ > 単純ヘルペス感染や症状について

感染や症状について/単純ヘルペス

単純ヘルペスの感染

ヘルペスというのは「単純ヘルペス」と「帯状ヘルペス=帯状疱疹(たいじょうほうしん)」の2つを指し、いずれもヘルペスウイルスが引き起こします。症状もある程度似ていますが、別の疾患です。まず、この章では単純ヘルペスについてお話しましょう。単純ヘルペスは、皮膚の粘膜や傷口などから感染します。単純ヘルペスは、唇やその周囲、目、性器やお尻などに小さい水ぶくれが数個集まってできるのが特徴です。しかし発疹が出たからといって単純ヘルペスと断定しにくく、梅毒や水いぼなども考えられるため、専門医の診察が必要になります。単純ヘルペスは、感染力が強く、発症中の人が使ったタオルやキスからでも感染します。また、単純ヘルペスを発症している人が利用した便座などを使用することで感染してしまう恐れもあります。この場合便座に接する部分に怪我などの傷口がなければ感染することはありませんが、手に付くことによって、別のルートから感染することも考えられます。


スポンサードリンク

感染後の症状の進行

初めて単純ヘルペスに感染すると、体内には免疫がない為に発疹や水ぶくれなどの皮膚症状が現れたり、高熱なども伴う事があります。しかし、場合によっては症状が気付かない程度であったり、無症候の場合も少なくありません。1週間位かけて、感染部が赤く腫上がり、次いで水ぶくれが現れます。その後3週間前後かけて治癒へと進んでいきます。しかし、この間にリンパ節などが腫れ発熱やだるさ、頭痛を伴うことがあります。

ウィルスによる感染部位の違い

単純ヘルペスウイルス(HSV)は、生物学的、物理化学的、免疫学的差異から単純ヘルペスウィルス1型と2型の2種類に分類されます。初感染後、知覚神経節の神経細胞の核内に遺伝子の形態で潜伏します。単純ヘルペスウイルス1型は、三叉神経節に入り込み、その支配域となる上半身の顔に口唇ヘルペスの再発を繰り返し、単純ヘルペスウイルス2型は、腰の部分の仙骨神経節に入り込み性器ヘルペスなどの下半身で再発を繰り返すとされています。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .