ヘルペスの基礎/ヘルペスウィルスの特徴や対策

ヘルペスの全て-症状など-トップ > ヘルペスの基礎ヘルペスウィルスの特徴や対策

ヘルペスウィルスの特徴や対策/ヘルペスの基礎

死滅させることは不可能です

ヘルペスの治療方法はいろいろ紹介されているものですが、実はヘルペスは現代の医療では完全治療が無理なのが現状です。いったん感染してしまうと、身体の中に入り込んだウイルスを死滅させることは不可能です。そのため、治療が完了したと言っても、それは当面の症状が治まったということで、完全にウイルスがなくなったというわけではありません。それで、その後もずっと再発には注意しておく必要があります。

ヘルペスウィルスの特徴

ヘルペスウイルスは、体内に入り込むと神経の近くに住みつきます。このヘルペスウイルスは細胞の中に入り込んでしまうため、有効な薬が少なく、本来の体の免疫力も十分に発揮できないのです。また、ヘルペスウイルスの最大の特徴は、一度感染すると神経節の遺伝子の中にもぐりこみ一生そこから動かないというものです。そして様々な理由によって身体の免疫機能が弱まった時に、症状として表に現われるのです。たとえば極度のストレスを感じていたり、忙しすぎて疲れていたり、風邪をひいたりなどの時です。たくさん紫外線を浴びた時も発生することがあります。


スポンサードリンク

予兆を感じたらすぐに対処しましょう。

ヘルペスは症状が出現してから対処するよりも、予兆を感じとって早めに対処すると治りが早いものです。再発の予兆としては、身体のどこかに違和感を感じるというものです。人によって、またその時々によって微妙に違いますが、たとえば唇にヘルペスが出ることが多い人は、唇のどこかがピリピリしたり、チクチクするような感じがあったり、ムズムズ落ち着かないように思うことがあるかもしれません。そうした違和感を感じたらすぐに薬を塗りましょう。そうすれば、治るまでの時間が格段に短くなります。ヘルペスは死滅させることができないので、上手に付き合っていく必要があります。身体の健康を保ち、再発を防ぐようにしましょう。ヘルペスの人は多いので、あまり深刻に考えないようにしましょう。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .