ヘルペスの基礎/症状や種類について

ヘルペスの全て-症状など-トップ > ヘルペスの基礎症状や種類について

症状や種類について/ヘルペスの基礎

ヘルペスってどんな病気?

ヘルペスは皮膚に水疱ができる病気のことで“疱疹”(ほうしん)と呼ばれています。この疱疹はヘルペスウィルスに感染して起こるもので、よくできる箇所としては口腔粘膜、口唇、外陰部、目、指などですが、まれに脳、内臓など全身どこにでもできる可能性はあります。ヘルペスは古来「熱のはな」と呼ばれてきた皮膚病で、主に顔面、特に口の周囲に出ます。最初は皮膚に赤く変化して、ムズ痒くなり(またはヒリヒリなる)、数時間後にはその部分に小水疱が出現します。水疱は数個がかたまりとなり、次第に大きさを増します。風邪などの病気や、海水浴やスキーなどの紫外線のストレスが、原因、誘因となりやすいようです。再発性が高いことが特徴で、人によっては毎週のように出る事もありますが、数年間出ないこともあります。


スポンサードリンク

ヘルペスの種類

ヘルペスはDNAウィルスによる感染症です。ヘルペスとは8種類あるヘルペスウイルスによる感染症のどれか、もしくはすべてを指しており、一般的にヘルペスウイルスによって、患部に小さな水ぶくれが集まった状態のことを言います。ヘルペスは、ウイルスの種類だけでもたくさんあります。ヘルペスウィルスによって分類すると、「単純ヘルペスウイルス1型」、「単純ヘルペスウイルス2型」があり、「ヒトヘルペスウイルス」はさらに多くの型があります。一般によく知られているヘルペスのうち主な症状は、口唇ヘルペス、ヘルペス性角膜炎、性器ヘルペス、帯状疱疹(帯状ヘルペス)、水ぼうそう、などです。

ヘルペスの特徴

ヘルペスウィルスはいずれも一度感染すると、一生涯その宿主に潜んでしまい、疲労やストレスなどで抵抗力が弱まったり、身体の免疫機能が弱くなっていると、何度も再発します。ヘルペスウイルスはいったん感染すると体内から根絶することが難しいのが特徴です。症状が治まっているように見えても、まだウイルスが残っていることが多いのです。

ヘルペスの基礎

単純ヘルペス

口唇ヘルペス

角膜ヘルペス

性器ヘルペス

帯状ヘルペス

リンク集

Copyright(c) ヘルペスの全て-症状など- All rights reserved .